So-net無料ブログ作成

日本版:第11話 [第11話]





本当に 今年の日本列島は あちこち揺れてますね

みなさん 防災意識をもって 過ごしましょう。
お気をつけて

お互いに 気を付けて 過ごしましょう。


で、 ドラマの話にいきますね。

このドラマで よく出てくるセリフの一つに

捨てられた

捨てる

私は 父さんに 捨てられたのか?

私は 捨てる人がありません

私は お前に捨てられたのか?


まるで 人が 物のように ・・・・

韓国語の 捨てるという意味に

日本語で言えば 見捨てられた

あるいは、 見放された が 妥当 なのでしょうね

今回

オ尚宮が とても重要なセリフをいっぱい言ってますね。

ある意味 このドラマの 根幹にあるものを

表現したといっても過言でない気がします。

そして、先週 考えてもよく分からなかった セリフというか
日本語訳

お茶を運んだ 宮女を殺せば 皇太子を消せる という訳が どう考えても変

皇太子を救える の 間違いじゃ ないかなぁと 思うのです。

皇太子を救うために 前に出たんだもんね。

ワンソの動きは、直接的過ぎて・・・

ある意味 考えなしです・・・・が・・・^^;

ヘスを救うつもりが

ここにいてはいけないと言いながら
ヘスの前で 倒れてしまったら ヘスが動けなくなるじゃん・・・

でも そのストレートな言動が

ヘスの心を動かしてるのは 間違いないし

ヘスのために 毒茶を飲んだということは、ヘスも分かっていたということが ミソですなぁ

だけど

ヘスには、必ず助けるという言葉は かけずに

生きて外で会おう

後は、行動あるのみでしたね。

しかし
ウクに怒られた時点で 気が付かんか?

ウクがヘスを大事にしてるって分かってるなら

なんで、ヘスがウクを好きかも?って 疑わないんだ@@
信じられな~~い

後、ウクに皇后を捕まえろって言っておいて

ウクに どうなった?と 詰め寄らないシーンがないのも 変だよね?

どうでもいいシーンばかり 入れてるから 肝心の
面白そうなシーンを逃すんだよなぁ

みんな

ジュンギと ハヌル君の演技対決を 期待していたのに

その肝心の 二人の バチバチのシーンが 少ないのも
面白さが半減なんだよなぁ

ウクは、王様に直談判も出来ないし

オ尚宮に頼んでという やり方だから

逆に オ尚宮に 言われてましたね

命を懸けて 頼めば道が見えるかもしれないのに

あなたは 誰も救えない

ヘスを捨てたこと

きっと後悔するって

ズバズバ 言われちゃって

本当に そのとおりになっちゃうんだよね。

かといって、ヘスに味方することも出来ず

ヘスに近づいて 傘になった ワンソは
王様の怒りにふれちゃうという 流れなんですね。

この差が 段々と開いていくことになるけど

オ尚宮の 言葉で気になるのが

皇座を守るために 男は卑怯になる

この言葉が

皇帝になった ワンソに 当てはまるのかどうかが

とても気になってきた・・・・








nice!(0)  コメント(7) 

nice! 0

コメント 7

や

ワンソがウクのヘスへの気持ちに気づかないというのは・・・ひょっとしてヘスがウク妻の妹(またいとこでしたっけ?)だから心配していると思っているという設定なのでしょうかねえ・・・ワンソ自身もヨナに「どんな女性になるかと思っていた」みたいなこと言ってヨナをその気にさせた?割には直後にヘスを「私のものだ」と言っています。まあ,恋愛には疎くてその時の自分の気持ちに正直に動くということでしょかねえ・・・やはり高麗直進男ワンソ・・・ですか。まあ,脚本家がそういうところまで考えて書いているかどうかでしょうが・・・。

韓国版17話以降の皇帝ワンソの動きに注目ですね。(脚本がそのあたりをしっかり捉えてつなげてくれていればですが・・・)
by や (2016-10-23 00:50) 

dopv

ワン・ウクはまだ回復しきっていないのにペクアに心配されながら無理して出てきたワン・ソに、お前のせいでヘ・スに疑いがかかったみたいなこと言ってるようだし、そのあたりのこと脚本家はどう思って書いてるんでしょうね?ワン・ソはワン・ウクとヘスの関係に実は気が付いているけどはっきり言わないだけなのかもしれないし。ついでに言っちゃいますが、ワン・ウクの恋心なんて、所詮せいぜい森鴎外「舞姫」の主人公のそれと五十歩百歩のようなもんだと私は思ってますけどね('_')
オ尚宮の言葉は、今まで自分が出会った男たちは皆そうだったから、ということなんだと思ってますが('_')ワン・ソは光宗になったら今までの皇帝のやり方を変えようとして、それに抵抗する勢力を粛清するんじゃないでしょうか('_')
by dopv (2016-10-23 02:17) 

ヤス

脚本家は、最後の方まで、ワンソが気がつかないようにしたいのでしょうね。原作と同じにするつもりなのかな。

ワンソも、やはり、王座に上がったら変わってしまうと思いますね。自分の地位を守るために。ヘスへの愛情は変わらないでしょうが疑い深くなるのではないかと。そうでないことを願っていますが。

by ヤス (2016-10-23 17:28) 

や

はて・・・再度見て気が付いたのですが,ソはウクに対して「お前ほどスを思っている者はいない」と言っていますよね。やはり脚本は細かいこと気にしていないのでしょうか?

by や (2016-10-24 14:18) 

パラム

> やさん
本当に 脚本家が 原作に縛られすぎと 感じます。

同じ流れにならなくても
一応 原作をリスペストしてという形で
まったく違うというか それ以上に 面白い 物語にもできたのにと
残念です。

まぁ 最後まで見て また評価しましょうかね^^;

ちょっと 色々と気が付いたことがあるので
まだまだ 語れますわ
by パラム (2016-10-24 21:32) 

パラム

>dopvさん

ワンウクの ヘスへの想いは 自分の命よりも軽かった

ワンソの ヘスへの想いは 自分の命に代えても

その辺が とても明確になってきましたね。

自分の命にかけても 守りたいと思う人がいるかどうか

やっぱり 一国の王たるもの
命がけで 何かを成し遂げる意思がないと・・・
いや 意志がないとですね・・・
この対比が 面白くなってきましたよ

by パラム (2016-10-24 21:35) 

パラム

> ヤスさん

やっぱり ワンソも 皇座のために 変わるのでしょうか?

皇座に固執するというより
国を守るためにかわるというのなら 納得ですが・・・・

ヘスも 心の奥で ワンゴンの言葉
オ尚宮の言葉 忘れていないでしょうね。

最後まで 楽しみます^^

by パラム (2016-10-24 21:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。