So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国版:第19話 [第19話]










明日の予告が入らないということは

もしかして びっくり展開が待っているのか?




つづきは、この下の カタリバはココよにて






















泣いても笑っても

明日で 終わりだ~~





(´・ω・`)


(^◇^)





光宗が行った 改革を入れながら

また

本当に

一挙に 最後に向かって

サクサクと

余韻もなしに 

かといって 過去の関係映像も入れながら

よくまぁ
ここまで まとめたもんだと

逆の意味で 感心してます

ここで、 ワンウクとの関係も整理しちゃって

しかしまぁ

最後まで ワンウクはヘスを利用して 命乞いですか

ヘスを光宗から引き離し

13皇子と光宗を引き離す 策略までして
本当に 姑息すぎる

ヨンファは 光宗を孤独にしても

本当に心までは 求められないのに・・・というのも

ある意味 可哀想ですなぁ


しかし 伏線が すでに張られていたなんて 

勝手に 第14皇子ジョンは 先王に ヘスとの婚姻を認めてもらう親書をもらっていたなんて

ビックリポンの 展開でしたよ。

最終回の 予告が出なかったことは

ある意味 とても楽しみですね。

ビックリポンの展開を期待します。

19話最後の方で、すでに 別れた二人は

自分の本当の気持ちに気が付いていますから

光宗は、自分がヘスを捨てたんでなくて

ヘスに自分が見捨てられたって 言ってるけど

本当は、そうでなかったって 後でわかるのでしょうね




nice!(0)  コメント(14) 

nice! 0

コメント 14

や

セリフがわからないので理解できていないところが多々あります。

何だかワンソの気持ちだけおいてけぼりになっているような気がするのは気のせいでしょうか。ヘスもウクも一定の整理ができているように感じます。ジョンはジョンである意味望み通り。(ワンソとジョン,肝心なところでヘスの思いがわからないのは兄弟だなあと妙に納得)
ワンソや~,「他に好きな人がいる」とヘスが言ったその後の展開でヘスの気持ちは確かめたしお互いに理解し合ったはずなのに・・・なぜ,ここで,今更ウクがどうしたと・・・愛されることに自信のないワンソ,やることなすこと全てがヘスとの間を遠ざけていく展開が辛すぎます。

by や (2016-10-31 23:38) 

dopv

はっきり言って、観ていてストレスばかりでした((+_+))
やっぱりワン・ソが可愛そうの一言に尽きてしまいます・・・('_')冒頭シーンでヘ・スはワン・ソを恨みの目つきで見てるし。原作のヒロインは歴史を知っているので、それを変えるような介入をしないように「歩歩驚心」なんでしょうけど、ヘ・スは歴史をよく知らないからどこを注意すれば良いか分かる筈もないし、自分が観た未来の光景通りになって運命は変えられないと悟ったんだろうけど、断片的な未来の映像は実際に起きてみると最初の印象とは違う脈絡だし・・・で。ワン・ソは自分の意志に反して10皇子を斬って止めをさすことになったけれど、「光宗になって兄弟たちを殺す」というヘ・スの認識はやっぱり完全に誤りでしょうね('_')
コ・ハジンの魂がヘ・スの体に宿っている時間はもうそんなに残されていないだろうし、正直な所、私にはあくまで心配なのはワン・ソでヘ・スのことはもうどうでもいいって気分です。やけっぱちめいてますけど('_')
by dopv (2016-10-31 23:47) 

happy smile

もう、本当にウク、ヨンファ兄妹イヤ(>_<)!これ以上、ワンソ、光宗に策を弄して苦しめるのはやめて!と叫びながら見てました。
ペクアまで、お願いだからワンソを、光宗を独りにしないで!って

一つ一つのエピソードは結構重いのに、時間が足りないからなのか本当にサクサク流してしまっているようで、もっとじっくり俳優の演技を、ジュンギの演技を味わいたいと思っても、どんどん展開が進んでしまうので
やはり少し惜しいなぁって思います。
ジュンギも、「事前制作で、前半はみんな時間をかけて良いものを作ろうと頑張っていたけれど、やはり最後は時間が足りずに時間に追われてしまって、少し惜しい」というような事を言っていましたが。

ヘスは、確かに妹みたいに思っていたチェリョンを残虐な刑で死に至らしめた光宗に対して、怒りがあったとしても
歴史に血の君主として記憶されないように、私が光宗を支えるってそう決心していたはずじゃなかったの?
チェリョンが第9皇子の手先で結果的に10皇子夫妻を死に至らしめ、恵宗を殺し、その背後にウクがいて更にヘスと光宗をスパイしていたということは、本来であれば光宗でなくても死刑となるだろうし、それでも光宗は最初はチェリョンを見逃そうとしていたと、ペクアから聞いてもまだなお、そんなに怒りと憎しみのこもったような目で光宗を見るの?と、初っ端に思ってしまいましたよ。
あなたの為にこれまで命をかけて守ろうとしてくれたワンソに対して、あなたの愛ってそんなもんだったの?って
ヘスに対してもちょっとイライラしてしまいました^^;

幼い時から母からも兄弟からも愛されず
そしてやっと
この世でただヘスとペクアだけが、自分の人だと思えるようになり、二人を信じていた光宗。
2人の前でだけは人らしく、ホッと安心することができていたのに、
それなのに、その二人さえも自分の元から離れてしまって、光宗の瞳に浮かぶ絶望的に深くなる孤独を思うと、涙が止まりません(T_T)

泣いても笑ってもあと1話を残すのみ

ワンソに、光宗に
もう幸せな時は、心からの笑顔はやって来ないのでしょうか…>_<…



by happy smile (2016-11-01 00:19) 

hanahana

私も同意見です。

チェリョンのことは何もワンソでなくても
死刑にしたと思う。
というか、あれだけのことをしたら
誰の指図であろうと現代においても死刑に
なるのでは?なぐらいです。
それを全く理解しないヘスにイライラがマックスでした。あまりにもあまりにも、ワンソ可哀想だ。
しかも、ウクにしても、理由なく罰を与えてる
わけでもないのに。
元はと言えば、あなたがみんなを振り回して
助けるどころか、無茶苦茶にしたんじゃないのかーとこれまたヘスに怒りマックス。

ワンソが私はたまらなく可哀想で
仕方なかったです。

14話あたり最高によかったのになー。
by hanahana (2016-11-01 00:36) 

ヤス

皆さんと全くの同意見です。常々思ってましたがヘスのキャラクターに共感できません。

覚悟を決めたのではないの?血の君主と言われてた光宗がどうしてそうなったのか自分の目で見て理解したはずなのに…。描きかたに問題があるのか、チェリョンにしても、そんなに ヘスに誠実だったとは思えないんですよ。

原作の大筋通りに話は進んでいますが話数が不足しているのと、編集または脚本がいまひとつなのか、とにかく不自然に見えてしようがありません。原作では4皇子は、ワンソほどは人間的に弱さがある人物とは描かれてなかったし、チェリョンに当たる侍女にしても、もっと、女主人公の心に寄り添ったエピソードがいろいろあって…。だからこそ、蒸刑で死ぬ侍女を見て、女主人公は、ショックを、受けるわけで…。

いくら話数が少なくても、もう少し描きようがあったと思います。

最後のワンソの台詞。「私が捨てたのではなくヘスが私を捨てた」

ワンウクの告白を、聞いてから、ワンソがヘスのもとに来たときに、言いましたよね。「いっそ、誤解だと言ってくれ。そうすればもとに戻ることができる。」と。

ヘスが嘘をついて、否定してくれれば、ワンソは許してやろうと思ったと思うんですよ。なのにヘスは、「お互いに嘘をつかないことにしてましたよね」と。ヘスや。それはないんじゃないのと思いましたね。せっかく、ワンソがチャンスをくれてたのに…。だから、ワンソは自分が捨てられたと思ったんでしょうね。とにかく、あと一回。きっと手紙やら、矢で、ワンソはヘスの本心を知るのでしょうが。

ウクが告白したことも、ヘスのためにしたことだったにしても、どうしてヘスが出宮したがってたことがわかったのか。その辺も描かれてなかった気がします。

結末もやはり原作通りなのかなあ。残念ですけど…。

by ヤス (2016-11-01 01:38) 

shitama

あと、1回になりました。本当にもったいない作品になってしまったようです。脚本が悪いのか編集が悪いのわかりませんが、ジュンギ君の熱演があるだけに、残念な気持ちで一杯です。
すべてがヘスがいたから起きたことに思えます。とても一歩一歩慎重に生きているようにはみえません。ヘス気持ちに同調できず、ワンソを理解してあげてという気持ちにしかなりません。また、ヘスが皇宮を出ていく時の、すっきりした表情にも、驚きでした。
光宗以外の人は心が整理され、光宗一人、苦しみの中に取り残されたような気がします。もともと、ジュンギ君中心に見てしまうからそう感じるのかもしれませんね。
by shitama (2016-11-01 06:41) 

happy smile

度々お邪魔してすみません(^^;;

台詞の内容を知りたくて、ザックリと英語字幕の海外版を見てみました。
光宗は、眼差しや手の動き、台詞のトーンなど、とても繊細な表現をジュンギがしてくれるおかげで、光宗の気持ちの動きが、何を思いどんな事を言っているのかが、ハングルがわからなくても理解できるのですが
どうにもヘスの思いが読めなくて
台詞のわからない状態では、ヘスの表情だけではヘスの光宗への思い、愛ゆえの葛藤の深さがイマイチわからず・・・

台詞やナレーションでは、光宗を思い、光宗の為に別れると、先王の決めたジョンとの婚姻を認めなければ、光宗の皇位に対する災いを招きかねないから、ジョンの所へ行くとか、出会わなければこんなに想う事もなかったとか言っているけれど

やっぱり表情とかからはそこまで光宗への深い愛がある、葛藤を抱えているようには見えないなぁ・・・。

イ・ジウンちゃんの演技力によるものか、脚本、演出、編集のせいなのか

なので、どうしてもヘスの状態に対して、共感が、感情移入がしきれない

光宗の、ジュンギの演技だけで胸が引き裂かれそうに辛く、ドラマに引き込まれるのですが
やっぱり
惜しい

ワンウクは、ヨンファに頼まれて、光宗がヘスを切れるようにヘスとの事をぶちまけたのですね。
ヘスの出宮を認めなければ、光宗の高位も危うくなる、私は兄も家も捨てたのに、あなたはヘスさえも捨てないのかみたいな事を光宗に言っていましたね。

光宗は、ワンソは、今までは純粋にヘスが姻戚だからウクを心配していると思っていたのですね。
それなのに、ヘスの信頼していたチェリョンを使って兄やウン夫妻を死に追いやり、ペクアをワンソから引き離し、ヘスとの仲を割き、ワンソを殺そうと画策し、それがワンウクだと、ワンウクはそんな男だったと言っても、
自分の足が歩けなくなるかもしれないから膝をついてはいけないと侍医に言われたのに、そんなワンウクの為に膝をついて命乞いをしたヘスのことが
ショックだったのでしょうね。
傷ついたのでしょうね…>_<…
今でも、ヘスの心の中にはワンウクへの思いしかないのかと・・・
自分を受け入れてくれなかったのは、その所為なのかとも思ってしまったのかなぁ

純粋で、今まで女人と付き合ったことなんてなかったから

とにかく、光宗が可哀想で可哀想で

最終回の予告映像も出ましたね。
原作も同じような感じなのでしょうか。
今から胸が苦しいです。


by happy smile (2016-11-01 16:42) 

ヤス

何度もすみません。

どうして、ヘスが出宮したがっていたのかをウクが知ったのか、わからなかったのですがもう一度、19話を見てみると、ウクが玉座の前で一人、ひれ伏しているときにヘスが来て言った言葉のなかに「まず自分から、王位や、人を諦めないとこの苦しみからは抜け出せない」と言っていたみたいだったので、それで、わかったのかもしれません。

ヘスの見送りにウクが来たときに、ペクアは怒ったけど、ヘスは、ウクに感謝してましたよね。もちろん純粋にヘスのことだけ思ってしたことではないとウクは言ったけど、ヘスは、私が出たがってなければ、一生最後まで言わなかったですよねと。なんか、ものすごくスッキリした表情のヘスに違和感を感じます。


ヘスの気持ちに共感できないのは、国も設定も話数もちがうのに、あらすじだけは原作通りにしているところに原因がある気がしてなりません。

ほんとうに見ていてワンソがひたすらかわいそう。今日の予告のスチールで、ワンソがヘスをおんぶしているシーンが公開されてましたけど、あれはなんなのかな。原作とは違う結末なら、いいのですが…。



by ヤス (2016-11-01 20:14) 

パラム

> やさん

本当に ちゃんとセリフが分からないと
ついていけない部分も ある物語ですから

日本放送を見てから また語れる部分があるでしょう

ただ ワンソが孤独に追い詰められていく
その過程が とてもつらいですね。

でも
たぶん ジュンギは、 役者としてやりがいがある役だったろうと
心の奥そこでは、悩みさえも 楽しんでいた気がします。

by パラム (2016-11-02 22:40) 

パラム

> dopvさん

19話の過程が 一番つらい思いがあふれてきますね。

ワンソは、何一つ 悪いことしていないのに
何故か 周りが離れていくという

皇帝というのは、やはり孤独なものだと
ことさら 強調されている ドラマでしたね。

ワンソへの 救いが この回にないので
みんなが しんどい思いで見ることになって
唯一の理解者であったはずの
ヘスまで 離れることになってしまうというのが
一番 しんどいですよね。
本当に 悲劇です。

by パラム (2016-11-02 22:45) 

パラム

>  happy smileさん

本当に 19話は 一番 ワンソにとって救いのない 回で
見ているこちらが
とてもしんどい思いで見る回でしたね。

ヘスの愛が せめて
視聴者に もっと伝わる演出だったら
救われただろうにと 思いますね。



by パラム (2016-11-02 22:48) 

パラム

>  hanahana さん

たぶん チェリョンへの罰ですが
あまりにも 残酷な死刑のやり方なのと
裏で操っていた 皇族に対しての 罰がなくて
片手落ち だからでしょうね。

この回では の 話ですが

本当で言えば 一番の悪者 ウクが 証拠なしだからでしょう
死刑にもならず
逆に ヘスに 懇願されて命乞いされて
・・・・
まぁ
ウクにとっては 追放の方がしんどいか・・・・

まぁ すれ違いの心が 本当に切ないです

by パラム (2016-11-02 22:54) 

パラム

> ヤスさん

ヘスが出官を願っていたのは、7話のあたりからですね。

ウクにも はっきり言ってるし

ウクも婚礼して ヘスを出官させるのが夢だったし

ワンソが ウクの目の前で 自分と婚礼すれば出官できる
婚礼が嫌なら すぐに離婚するからとも ヘスに伝えているので

ヘスの望みが出官だということは 以前から分かっていたからでしょう。
だから、今も出官を 望んでいると思ったのかな

それにしても

この19話で 許せないのが
ウクの最後のヘスへのハグですわ・・・・・

よくまぁ そんなことができる資格があると思って・・・・

正直 怒りに震えましたよ

この演出は ないでしょう?って

この部分でも
一人残された光宗が あまりにもかわいそうじゃんって・・・

そうそう
14話で お互いに嘘をつかないでおこう

この言葉が お互いを縛って 別れるもとになるなんて・・・・

ある意味 返し 繰り返し
最初からみると

とても 深いドラマではありますよ・・・・

ほんとうに
それにしても

母に捨てられたから始まって
捨てる 捨てられたが
キーワードの ドラマでしたなぁ・・・・


by パラム (2016-11-02 23:05) 

パラム

>  shitama さん

私は 逆に ヘスが出ていくときの 最後の表情が
すっきりというよりも
ワンソと離れたくはないけれど・・・・好きな気持ちは変わらないけれど

そういう感じに思ったのですが・・・

ただ

やはり 光宗以外の人々の整理は ついたなぁというのは
確かですね^^;

光宗の孤独が 本当に切ない
これにつきる




by パラム (2016-11-02 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。